iPhone(アイホン)人気アプリまとめ速報

iPhone(アイホン)の人気アプリやおススメアプリを紹介してます!

アイホン・iPhoneアプリ

カードが入るケースを使うときは『電波干渉防止シート』が必須

2016/01/20/ 17:30

使わないと読み取りエラーが起きちゃうぞ。 bouji - 1
手帳型ケースや背面にカードポケットが付いたケースなど、ICカードとiPhoneを一緒に持ち歩けるケースはたくさんあります。 でも、ケースにSuicaやPASMOなどのICカードを入れて改札を通ろうとしたら、読み取りエラーが起きてしまった・・・という経験はありませんか? 『AppBankの電波干渉防止シート』はその読み取りエラーを防ぐための必須アイテム。その役割と使い方を詳しく説明します。

電波干渉防止シートの役割

そもそもカードポケット付きのiPhoneケースにICカードを入れるとエラーが起きるのは、iPhoneから発生している磁気が原因。この磁気がICカードの読み取りを邪魔しています。 SYSTEM Card - 1 (1)
電波干渉防止シートは、iPhoneから発生する磁気の影響をICカードに与えないためのシートです。 iPhoneとICカードのあいだに挟むことで、ICカードの読み取りエラーを防げますよ。
bouji - 2

せっかくカードが入る便利なケースを使っていても、改札やコンビニでしょっちゅう読み取りエラーが起きていては意味がありませんよね。 つまり、電波干渉防止シートは、カードポケット付きiPhoneケースをつかうときの必須アイテムと言えるのです。 bouji - 3

電波干渉防止シートの使い方

電波干渉防止シートは、iPhoneとICカードのあいだに挟んで使用します。 写真のような手帳型ケースで使う場合は、電波干渉防止シートがICカードよりも手前にくるように挟んでください。 このように入れておけば、手帳型ケースのフラップを閉じた状態でもICカードを使用できますよ。 bouji - 4
カードポケットが背面にあるケースの場合は、電波干渉防止シートが奥になるように入れてください。 ▽先に電波干渉防止シートを入れて。 bouji - 5
▽上からICカードを被せる。 bouji - 6
カードポケット付きケースを使うときは、AppBankの電波干渉防止シートを一緒に使って読み取りエラーを防止しましょう。
▼AppBankの電波干渉防止シートをチェック▼

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・ ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら! →iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

カードが入るケースを使うときは『電波干渉防止シート』が必須の続きを読む